錦織圭VSニック・キリオス 対戦成績は?

先日のマドリードオープン2016でも対戦した錦織圭とニック・キリオス(オーストラリア)。

今、若手の中で急成長しているキリオスと錦織の対戦成績をまとめました。

マドリードオープン2016の結果を踏まえてみていきましょう!!

スポンサードリンク

ニック・キリオス 基本情報

プロフィール

名前:ニック・キリオス
国籍:オーストラリア
出身地:キャンベラ
生年月日:1995年4月27日(21歳)
身長:193cm
体重:78kg
利き手:右利き
バックハンド:両手打ち

錦織圭 マドリードオープン

世界ランキング:21位(2016年5月2日時点)
自己最高ランキング:20位(2016年4月)

ニック・キリオス グランドスラム最高成績

全豪 ベスト8(2015)
全仏 2回戦(2013)
全英 ベスト8(2014)
全米 3回戦(2014)

2014年の全英オープンではラファエル・ナダルを破る大金星をあげ、ベスト8に進出しました。

ニック・キリオス 性格・プレースタイル

キリオスはツアー屈指の運動能力を誇ります。

身長193cmの長身から繰り出す時速220キロにもなる強サーブは圧巻です。

2016年ホップマンカップで優勝を果たします。

20歳でのツアー初優勝に将来有望とされています。

その一方で、性格は気性が荒く試合中に審判に暴言を吐く、観客にラケットを投げつけるなどの行動が問題視されています。

度々トラブルを起こしていることから、「悪童」と呼ばれています。

錦織圭 キリオス

また、試合を通しての集中力も課題になっています。

錦織圭VSニック・キリオス 対戦成績は?

錦織圭とニック・キリオスは過去に3回対戦しています。

対戦結果は錦織の3連勝です。

先日行われたマドリードオープン2016の準々決勝では、錦織が苦しみながら6-7(6-8)、7-6(7-1)、6-3の逆転で勝利しています。

錦織圭 キリオス

しかし、キリオスも錦織をあと一歩のところまで追いつめました。

集中力が課題のキリオスはこの試合中でもイライラを隠せずにいました。

自分を律する術さえ体得すれば、キリオスは近い将来の王者候補です。

スポンサードリンク

錦織圭VSニック・キリオス マドリードオープン2016 試合内容

マドリードオープン2016の準々決勝で対戦した両者。

戦前の予想では、第4シードのスタン・ワウリンカ(スイス)が上がってくると思われていました。

しかし、キリオスがワウリンカを7-6(9-7)、7-6(7-2)のストレートで下しています。

このキリオスの勝利に下克上と見ない専門家もいるほどキリオスは急成長しています。

試合は第1セット、第2セット共に両者キープ合戦が続きます。

錦織圭 キリオス

 

両者ともにサービスゲームを落とさない好試合を見せます。

第1セットのタイブレークは錦織が6-8で落としますが、第2セットはにミニブレークを奪い、7-1で制してセットカウントを1-1と戻しました。

第3セットの4ゲーム目、錦織がキリオスのサービスゲームをブレークし、この日両者初のブレークを奪います。

キリオスはその後3度ブレークバックするチャンスを逃すと、錦織が最後まで集中力を切らさず逆転勝利をしました。

試合時間は、約2時間38分でした。

錦織圭 試合後のコメント

「ブレークもなく厳しい展開だったが、途中からリターンがよくなったのがいいきっかけになった。」

「レベルが高くて、非常にいい試合だった。特に相手のサーブが良くて大変だった。」

「サーブが良かった。最初から最後まで。ボディーだったりスピンサーブも効いていた。いろんなサーブを混ぜていけて良かった。」

「厳しい2つのタイブレークだったが、第1セットのタイブレークと、第2セットのタイブレークの間には、大きな違いがあった。」

「第2セットのタイブレークでは、よりアグレッシブにプレーしようと努めた。」

「初っ端から3-0とリードし、ずっといい形で始めることができたために、少し気持ちに余裕もできた。」

「素晴らしい試合だったと思う。僕らの双方が、非常に高いレベルでプレーした。本当に厳しい接戦だったが、今日勝つことができてうれしい。」

錦織圭VSニック・キリオス 過去の試合結果

2016年
マドリードオープン準々決勝(クレー)6-7(6-8)、7-6(7-1)、6-3

2016年
マイアミ・オープン準決勝(ハード) 6-3、7-5

2015年
上海マスターズ2回戦(ハード) 錦織圭 1-6、6-4、6-4

錦織の3連勝です。

マドリードオープンの第1セットで対キリオス戦で初めてセットを落としました。

スポンサードリンク
人気記事はこちら!

コメントを残す

このページの先頭へ