錦織圭 速報 全仏オープン2016 4回戦

全仏オープンに出場中の錦織圭。

その錦織圭の全仏オープン2016、4回戦の試合結果速報をお届けします。

2年連続のベスト8を狙う錦織の試合結果は?

スポンサードリンク

錦織圭 速報 全仏オープン2016 4回戦 試合結果

錦織圭の4回戦の相手は地元フランスのリシャール・ガスケでした。

錦織圭 ガスケ

試合は、4-6、2-6、6-4、2-6でガスケが勝利しました。

直近2試合(マドリード、ローマ)は、錦織が2連勝していました。

しかも2試合ともストレートでの勝利で圧勝でした。

しかし、今回は終始ガスケのペースという印象でした。

これで対ガスケ戦は、2勝7敗になりました。

今年錦織の全仏オープンはベスト16で終わりました。

周りからの期待も高かっただけに少し残念な結果となりました。

ガスケは全仏では初のベスト8進出を果たしました。

ガスケの準々決勝の相手は、世界ランキング2位のアンディ・マレー(イギリス)です

錦織圭 速報 全仏オープン2016 4回戦 試合内容

ベスト8をかけて戦った錦織とガスケ。

地元ファンの声援を受けるガスケと完全アウェーの錦織との試合になりました。

第1セットの第3ゲームでガスケにブレークを奪われますが、その後の第4ゲームで錦織がブレークバックをします。

さらに錦織は、第6ゲームでもブレークを奪い4-2でリードします。

ここまでは錦織のペースでした。

4-2でリードしていた第7ゲーム途中で雨により、試合が一時中断しました。

約1時間後、試合が再開されました。

再開後は、ガスケが一気にスパークします。

錦織圭 全仏

再開後の第7ゲームから第2セット第2ゲームまで6連続でゲームを取り、完全に試合の主導権を握ります。

第5セットでもブレークされ、錦織はなかなかブレークのチャンスを見いだせず2セット連続で落とします。

ガスケのバックハンドに錦織が対応できず、明らかにいらだちを見せていました。

何とか反撃したい第3セット、このセットはお互いキープが続きました。

5-4で迎えた第10ゲームで錦織はブレークを奪いこのセットをものにします。

そしてこの日一番のガッツポーズを見せます。

しかし、錦織の反撃もここまででした。

続く第4セットは第1、第5セットでガスケにブレークを許し、敗退しました。

試合時間は2時間34分でした。

完全に雨の中断で流れが変わった試合でした。

ガスケは大会初のベスト8進出を果たします。

地元フランス勢は棄権が相次ぎ、ガスケしか残っていない状況でした。

そんな中ガスケが大舞台で結果を残しました。

一方錦織は、2年連続のベスト8進出はなりませんでした。

錦織圭 全仏

 

昨年の全仏準々決勝ではフランスのツォンガに敗退しています。

試合は、電光掲示板の一部が落下して中断というアクシデントもありました。

錦織の全仏は、2年連続での試合中断、フランス勢に敗退という結果になりました。

夢のグランドスラム制覇は、6月のウィンブルドン選手権に持ち越しとなりました。

スポンサードリンク

試合後のコメント

錦織圭

「晴れていれば、もう少し早い展開が出来た。そこ(雨)の調整が出来ていなかったことが敗因。」

「ボールが重かったことが1番の理由。ミスが多かった。悔しいです。」

「彼(ガスケ)のディフェンスが良かった。主導権を握られた。」

「今日は自分の調子が悪かったのが一番の原因。相手もこの何試合かよりいいプレーをしていたが、焦ってしまってミスが多くなった。そういうのをなくしたい。」

「ベスト4以上まで行ける可能性を感じていた。もったいないというか、悔しい。」

「芝ではなるべくいい結果を出すのみです。」

錦織圭 全仏

リシャール・ガスケ

「ファンが彼にプレッシャーをかけてくれた。本当に感謝の気持ちしかない。」

「観客からの声援が試合を通してずっと後押ししてくれた。それがたくさんの好プレーに繋がった。」

「フランス人選手にとってこのコートは世界で最も大きな場所。」

「錦織があの雰囲気の中でプレーするのは、簡単ではなかったと思う。」

「(雨天中断後)試合が再開すると、錦織の調子が落ちていた。それが、自分のゲームをして、自分のショットを打とうという自信になった。」

全仏オープン2016 4回戦 その他の試合結果

第2シードのアンディ・マレーと第3シードのスタン・ワウリンカ(スイス)は共に準々決勝に進出しました。

マレーは4大大会21大会で、20度目となるベスト8に進出を果たしました。

マレーの対ガスケ戦は、7勝3敗です。

一方、前回覇者のワウリンカは7-6、6-7、6-3、6-2でヴィクトル・トロイキ(セルビア)を破りました。

ラモス・ビノラス(スペイン)は、第8シードのミロス・ラオニッチ(カナダ)を破る番狂わせをし、準々決勝に進出します。

スペインは、ラファエル・ナダルがまさかの棄権で姿を消している中ビノラスがしっかり結果を残しています。

スポンサードリンク
人気記事はこちら!

コメントを残す

このページの先頭へ