錦織圭 リオ・オリンピック2016 2回戦 試合結果

リオ・オリンピックに第4シードで出場中の錦織圭。

1回戦を快勝で終えた錦織圭。続く2回戦も格下相手でした。

96年ぶりのメダル獲得に向け、調子を上げてきている錦織の2回戦の試合結果速報です!

スポンサードリンク

錦織圭 2回戦の対戦相手は?

初戦に続き、2回戦もセンターコートで行われた錦織圭の2回戦。

2回戦の対戦相手は、世界ランキング75位のジョン・ミルマン(オーストラリア)です。

錦織圭 リオ・オリンピック2016

ジョン・ミルマン プロフィール

名前:ジョン・ミルマン

国籍:オーストラリア

生年月日:1989年6月14日(27歳)

身長:183cm

利き手:右

バックハンド:両手打ち

デビュー年:2006年

世界最高ランキング:73位(2016年7月18日)

ネットプレーでの安定感が高く、ミスが少ない選手です。

強力なフォアとバックを持ち、守備力も高いです。

2007年に右肩を手術しており、その後も右肩に不安を残しています。

2年前には、肩を負傷して一時ツアーを離脱します。

その間に世界ランキングは1100位台にまで落ち込みます。

ミルマンは生計を立てるために、地元オーストラリアのブリスベンでアルバイトをしていました。

引退も覚悟しましたが、世界で戦うことを諦め切れず、現役続行。

その後、2015年のブリスベン国際ではR・フェデラー(スイス)から1セットを奪うまで躍進しました。

今年は全豪オープンとウィンブルドンで3回戦進出を果たしています。

全仏オープンでは初戦で敗れるもJ・イズナー(アメリカ)と激闘を繰り広げました。

一時1100位台だった世界ランキングは73位まで上昇させ、調子を上げてきています。

そんな苦労人のミルマンが錦織の2回戦の対戦相手です。

錦織とミルマンの対戦は、今回が初となります。

ミルマンは、同じオーストラリアで世界ランキング16位のニック・キリオスら主力が相次いで欠場した今大会に代役で出場しています。
錦織圭 リオ・オリンピック2016
ミルマンは、1回戦でR・ベランキス(リトアニア)を五輪史上初の6-0、6-0のダブルベーグルで破っています。

錦織圭 リオ・オリンピック2016 2回戦 試合結果

錦織圭とジョン・ミルマンの2回戦は、7-6(7-4)、6-4のストレートで錦織が勝利しました。

これで錦織は2試合連続のストレート勝ちを収め、2大会連続のベスト16進出を決めました。

錦織は、日本テニス96年ぶりのメダル獲得にまた一歩前進しました。

錦織圭 リオ・オリンピック2016

ストレートで勝利した錦織でしたが、なかなか厳しい戦いを強いられました。

一時は追う展開になりましたが、そこから立ち直れるのが今の錦織の強み。

今年の錦織の安定感を象徴するような試合でした。

勝負所の集中力はさすがですね!

現地は湿度70%、試合は夜10時ということで、体調管理が大変ですが何とか勝ち上がってほしいですね!

3回戦では世界ランキンク121位のアンドレイ・マーティン(スロバキア)と対戦します。

スポンサードリンク

錦織圭 リオ・オリンピック2016 2回戦 試合内容

序盤はファーストサーブが入らず苦戦した錦織。

一方、1回戦のアンフォーストエラーがわずか2つだったミルマンは、この試合でも好調を維持していました。

第4ゲーム、ミルマンの粘り強いラリー戦に負け先にブレークを許します。

3ゲームを連取され、一時は1-4とリードされる厳しい展開でした。

ブレイクバックのチャンスをうかがう錦織でしたが、なかなか主導権を握れずにいます。

そして、第9ゲームではミルマンのサービング・フォー・ザ・セットを迎えてしまします。

しかし錦織は、この土壇場でミルマンからミスを誘い出してブレークバックに成功!

タイブレークへ持ち込みます。

タイブレークでも、先行され0-4と厳しい展開を強いられます。

しかし、そこから錦織が7ポイント連取の猛攻を見せ、第1セットを先取しました。

第2セットも第5ゲームでミルマンに先にブレークを許す苦しい展開。

しかし、第8ゲームでラリー戦を制しブレークバックに成功します。

勢いに乗った錦織は、力強いストロークと絶妙のドロップショットでミルマンを圧倒し、第9・第10ゲームを連取して16強入りを決めました。

錦織圭 リオ・オリンピック2016

錦織圭 試合後のコメント

「最初はショットが決まらなくて焦りもあったが、途中からラリーのペースを落としてみたり、プレーを変えたりした。安定したプレーを心掛けた」

「球足が遅くて相手が好きなコートだと感じた」

「(タイブレークでは)強気にいった」

第1シードのN・ジョコビッチが敗退したことについて・・
「周りのことはあまり気にしない」

錦織圭 3回戦の対戦相手

2試合連続でストレート勝利を収めた錦織圭の3回戦の対戦相手は、世界ランキング121位のアンドレイ・マルティン(スロバキア)です。

錦織圭 リオ・オリンピック2016

26歳のマルティンは、今年の全仏オープンでL・プイユ(フランス)らを破り、3回戦進出。

7月のコンズム・クロアチア・オープン(ATP250)ではツアー初の決勝進出を果たしたています。

今大会は1回戦でD・クドラ(アメリカ)にストレートで勝利を収めています。

2回戦は右足を負傷した第13シードのP・コールシュライバー(ドイツ)の棄権により、不戦勝で3回戦に進出しています。

気の抜けない相手ですが、大丈夫でしょう!

3試合連続のストレート勝利を期待しましょう!

スポンサードリンク

人気記事はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする