Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/gameman/kei-nisikori-ouen.click/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

錦織圭 全米オープン2016 1回戦 試合結果

ついに始まります!!

錦織圭の全米オープン2016!!

オリンピックで銅メダルを獲得した良い流れを、そのまま全米オープンに持ち込みたいですね!

今回は、錦織圭の全米オープン2016の初戦である1回戦の試合結果速報です!

スポンサードリンク

錦織圭 1回戦の対戦相手は?

第6シードで全米オープンに出場中の錦織圭。

1回戦の対戦相手は、世界ランキング96位のベンジャミン・ベッカー(ドイツ)です。

錦織圭 全米オープン2016

ベンジャミン・ベッカー プロフィール

名前:ベンジャミン・ベッカー

国籍:ドイツ

出身地:ドイツ・メルツィヒ

生年月日:1981年6月16日(35歳)

身長:178cm

体重:72㎏

利き手:右

バックハンド:両手打ち

自己最高ランキング:35位(2014年10月27日)

アメリカの大学テニスを経て2005年、24歳という年齢でプロに転向しました。

大学時代はアメリカでトップクラスの活躍をしていました。

ベッカーは、パワーを活かした攻撃が持ち味です。

2006年のジャパン・オープンでは、イリ・ノバクとの3回戦を深夜4時近くまで戦いました。

その試合は、当時のATPツアーの「最も遅い時間に戦った選手」として記録されていました。

錦織とベッカーは今回が4回目の対戦になります。

対戦成績は、錦織の2勝1敗です。

2015年の全仏オープンの3回戦は、ベッカーの右肩の怪我により、錦織の不戦勝とりました。

前回の対戦は2014年10月の東京(ATP500)の準決勝で、錦織が4-6 、6-0、 7-6(2)で勝利しています。

錦織圭 全米オープン2016 1回戦 試合結果

今年新設されたコート「グランドスタンド」での第1試合を行った錦織圭。

注目の初戦は、6-1、6-1、3-6、6-3で錦織がベッカーに勝利しました。

錦織圭 全米オープン2016

錦織は、2年ぶりの初戦突破を決めました。

試合時間は2時間10分でした。

ストレートでの勝利とはいかなかったものの、上々の立ち上がりだったのではないでしょうか。

ファーストサービスの確率は55%、ポイント獲得率は73%という内容でした。

これから調整してギアを上げてほしいものですね!

2回戦は、世界95位のカレン・ハチャノフ(ロシア)と対戦します。

錦織圭 全米オープン2016 1回戦 試合内容

第1セット、第1ゲームで錦織は、いきなりブレークを奪います。

勢いに乗った錦織は、鋭いリターンなどで第5・第7ゲームをブレークし、わずか24分で先取しました。

第5ゲームは、ラブゲームでのブレークでした。

第1セット終了後、錦織はトイレブレークをとります。

トイレブレークといえば、リオ・オリンピックを思い出しますね!(笑)

トイレブレークから戻ってきた錦織の第2セットは、第1ゲームでダブルフォルトなどミスを重ね、0-40とブレークポイントを握られます。

しかし、錦織はストローク戦に持ち込みこのゲームを逆転でなんとかキープします。

流れに乗った錦織は、第4・第6ゲームをブレークし、第1セットと同様にベッカーに1ゲームしか与えず、25分で決めました。

錦織圭 全米オープン2016

ここまで楽勝モードの錦織でしたが、第3セットに入ると徐々にベッカーに流れが傾きます。

第6ゲームは40-0から「エアケイ」を決めてキープしたものの、8ゲームでこの日初のブレークを許してしまいます。

反撃をしたい第9ゲーム。

錦織は、ブレークポイントを握るものの決めきれずこのセットを落とし、セットカウント2-1になります。

錦織は、第3セットを落としたものの、第5ゲームで長いラリーの中で股抜きショットを披露する場面も見られました。

第4セットは第3ゲームでベッカーに持ち前の強烈なバックハンドを決められ、先にブレークを許します。

しかし、第4ゲームですぐにブレークバックをします。

(第4ゲームは、ベッカーが3つのダブルフォルトを犯してしまいます。)

さらに第8ゲームをブレークし、第9ゲームの最後にサービスエースを決め、勝利しました。

スポンサードリンク

錦織圭 試合後のコメント

「まだ完璧ではない。ファーストが入ってくれないとトップ選手には難しくなる。ダブルフォルトも少しあった。最高でもなく、ダメでもなく。」

「1、2セット目をすごくいい形で取れたのに、3セット目をもったいない落とし方してしまった。」

「最後は集中して良い形で取れて、4セットで終われたのは良かったです。」

「(第4セット)先にブレークされたときは危なかった。なんとか流れを引き寄せて、最後はギアを上げてプレーできた。」

錦織圭 全米オープン2016

「特に後半、暑かったけど良かったです」

「楽な試合ではなかったが、内容は悪くなかった。いい1回戦だった。第1、第2セットみたいにどんどん攻めていければよかったが、少し下がってしまった。」

「全米オープンに関して言えば、去年はプレッシャーがあった。」

「1年前に決勝まで行っているのは多少負担だった。そういう意味では去年1回戦負けしてよかった。そういうプレッシャーが今年はないのは事実。」

錦織圭 2回戦の対戦相手は?

1回戦を快勝した錦織の2回戦は、世界95位のカレン・カチャノフ(ロシア)と対戦します。

錦織圭 全米オープン2016

カチャノフは身長198㎝の長身選手です。

今回がグランドスラム本戦初出場です。

1回戦は同じく予選から勝ち上がったT・ファビアーノ(イタリア)と対戦し、6-3、6-3、4-6、6-3で勝利しています。

1回戦では、12本のサービスエースを記録しました。

両者の対戦は初めてです。

初の対戦ではありますが、2回戦も錦織の快勝が予想されます。

今後の対戦に備えて、なるべく省エネで試合を進めたいですね!

両者の試合は、全米オープンの会場で2番目に大きいルイ・アームストロング・スタジアムで行われます。

日本時間9月2日の0時(現地1日の11時)に試合開始予定です。

人気記事はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする