錦織圭 全仏オープン2016 試合予定 出場選手

錦織は、BNLイタリア国際2016で自身初のベスト4入りを果たしました。

確実に成長をしている錦織が次に参加する大会は全仏オープンです。

全仏オープンはグランドスラムで注目度も高い大会です!

クレーコートの集大成として錦織圭がどこまで勝ち上がれるのか注目しましょう!!

スポンサードリンク

錦織圭 全仏オープン2016 試合日程は?

錦織圭が出場する全仏オープン2016の試合日程を見ていきましょう。

全仏オープン2016の試合日程は以下の通りです。

全仏オープン2016は5月22日(日)~6月5日(日)の期間で開催されます。

5月22日(日)~5月24日(火) 1回戦

5月25日(水)~5月26日(木) 2回戦

5月27日(金)~5月28日(土) 3回戦

5月29日(日)~5月30日(月) 4回戦

5月31日(火)~6月1日(水) 準々決勝

6月3日(金) 準決勝

6月5日(日) 決勝

錦織圭 全仏オープン
このような試合日程になっています。

グランドスラムは3セット先取の5セットマッチとなるので、試合時間も長くなります。

選手にとっては、タイトなスケジュールになります。

体力勝負になりますので、最初の方の試合はいかに体力を温存して勝利できるかがカギになります。

全仏オープン2016 出場選手

グランドスラムともなると出場選手はかなり多くなります。

出場選手は128名です。

世界ランキングトップ104選手+予選通過者16選手+主催者推薦枠8選手で構成されます。

主催者推薦枠はワイルドカードと呼ばれるもので、大会を盛り上げてくれそうな選手が選ばれます。

参考までに現在の世界ランキングトップ30をまとめました。

世界ランキングトップ30

1位 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)

2位 アンディ・マレー(イギリス)

3位 ロジャー・フェデラー(スイス)

4位 スタン・ワウリンカ(スイス)

5位 ラファエル・ナダル(スペイン)

6位 錦織圭(日本)

7位 ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)

8位 トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)

9位 ミロシュ・ラオニチ(カナダ)

10位 リシャール・ガスケ(フランス)

11位 マリン・チリッチ(クロアチア)

12位 ダビド・フェレール(スペイン)

13位 ダビド・ゴファン(ベルギー)

14位 ガエル・モンフィス(フランス)

15位 ドミニク・ティエム(オーストリア)

16位 ロベルト・バウティスタ(スペイン)

17位 ジョン・イスナー(アメリカ)

18位 ジル・シモン(フランス)

19位 ニック・キリオス(オーストラリア)

20位 ケビン・アンダーソン(南アフリカ)

21位 ブノワ・ペア(フランス)

22位 バーナード・トミック(オーストラリア)

23位 フェリシアーノ・ロペス(スペイン)

24位 ビクトル・トロイツキ(セルビア)

25位 ジャック・ソック(アメリカ)

26位 フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)

27位 パブロ・クエバス(ウルグアイ)

28位 ジョアン・ソウサ(ポルトガル)

29位 イボ・カルロビッチ(クロアチア)

28位 アレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)
※2016年5月16日付のランキング

世界のトッププレイヤーが優勝を目指し、全力で挑む大会です。

もちろん、錦織圭も悲願のグランドスラム初優勝を目指しています。

今年も熱い大会になること間違いなし!!

楽しみですね!!

錦織圭 全仏オープン2015 試合結果

錦織圭の昨年の大会結果をみてみましょう!

錦織は昨年はベスト8でした。

1回戦 VS ポールアンリ・マチュー(フランス・世界ランキング125位)
 6-3、7-5、6-1のストレートで勝利

2回戦 VSトーマス・ベルッチ(ブラジル・世界ランキング40位)
 7-5、6-4、6-4のストレートで勝利

3回戦 VSベンヤミン・ベッカー(ドイツ・世界ランキング48位)
 相手選手の棄権により、錦織の不戦勝

4回戦 VSティムラズ・ガバシュビリ(ロシア・世界ランキング74位)
 6-3、6-4、6-2のストレートで勝利

準々決勝 VSジョーウィルフライ・ツォンガ(フランス・世界ランキング15位)
 1-6、4-6、6-4、6-3、3-6で敗退。

錦織圭 全仏オープン

この大会で優勝したツォンガに準々決勝で敗れベスト8で終わりました。

錦織は、ツォンガ相手に2セットを連取されたあとに2セットを取り返して粘ったが、フルセットの末に敗れました。

錦織圭 全仏オープン 2010年~2014年の試合結果

2014 1回戦敗退 マルティン・クリザン(世界ランキング59位)にストレート負けで初戦敗退。

2013 4回戦敗退 4回戦までまで勝ち進むも、ナダルに敗れる。

‹

‹

2012 左腹斜筋の肉離れの為欠場。

2011 2回戦敗退 VS セルジー・スタコフスキ(ウクライナ)

2010 2回戦敗退 ジョコビッチに敗れる。

スポンサードリンク

全仏オープン 歴代優勝者

全仏オープンの過去10年間の優勝者を見てみましょう!

2015年 スタン・ワウリンカ(スイス)

2014年 ラファエル・ナダル(スペイン)

2013年 ラファエル・ナダル(スペイン)

2012年 ラファエル・ナダル(スペイン)

2011年 ラファエル・ナダル(スペイン)

2010年 ラファエル・ナダル(スペイン)

2009年 ロジャー・フェデラー(スイス)

2008年 ラファエル・ナダル(スペイン)

2007年 ラファエル・ナダル(スペイン)

2006年 ラファエル・ナダル(スペイン)

やはりクレー王者のナダルが圧倒しています。

大会5連覇を含む9度の優勝を果たしています。

全仏オープンはナダルの為にある大会と言っても過言ではないですね!

錦織圭 全仏オープン

そんな中、昨年はワウリンカが初優勝を飾りました。

ワウリンカは、2014年の全豪オープンテニス以来2度目のグランドスラム制覇を果たしました。

錦織圭 全仏オープン

2009年に優勝したフェデラーは、キャリア・グランドスラム(1年でグランドスラム全て優勝)を達成しています。

今年は誰が優勝するでしょうか?

ワウリンカの連覇か?

ナダルの復活か?

ジョコビッチの初優勝か?

錦織の初優勝でしょう!!

みんなで応援しましょう!!

錦織圭 2016年の大会結果

では、錦織の今年の大会結果を見ていきましょう!

ブリスベン国際

1月3日~1月10日 ブリスベン国際
開催地:オーストラリア・ブリスベン
グレード:ATP250
コート:ハード
試合結果:ベスト8 バーナード・トミック(オーストラリア)に3-6、6-1、3-6で敗退。

4年連続の4強には届きませんでした。

全豪オープン

1月18日~1月31日 全豪オープン
開催地:オーストラリア・メルボルン
グレード:グランドスラム
コート:ハード
試合結果:ベスト8 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3-6、2-6、4-6で敗退。

全豪初の4強入りとはいきませんでした。

メンフィス・オープン

2月8日~2月14日 メンフィス・オープン
開催地:アメリカ・メンフィス
グレードATP250
コート:ハード
試合結果:優勝 テイラー・フリッツ(アメリカ)に6-4、6-4で勝利!

前人未到の4連覇達成!!

メキシコ・オープン

2月22日~2月27日 メキシコ・オープン
開催地:メキシコ・アカプルコ
グレード:ATP500
コート:ハード
試合結果 2回戦 サム・クエリー(アメリカ)に4-6、3-6で敗退。

2大会連続の優勝が期待されましたが、世界ランク43位の相手にまさかの2回戦敗退を喫しました。

BNPパリバ・オープン

3月7日~3月20日 BNPパリバ・オープン
開催地:アメリカ・インディアンウェルズ
グレード:ATP1000(マスターズ)
コート:ハード
試合結果:ベスト8 ラファエル・ナダル(スペイン)に4-6、3-6で敗退。

ベスト4進出はならなかったものの大会初のベスト8には進出できました。

マイアミ・オープン

3月22日~4月3日 マイアミ・オープン
開催地:アメリカ・マイアミ
グレード:ATP1000(マスターズ)
コート:ハード
試合結果:準優勝 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3-6、3-6で敗退。

マスターズ初優勝はなりませんでした。

バルセロナ・オープン

4月18日~4月24日 バルセロナ・オープン
開催地:スペイン・バルセロナ
グレード:ATP500
コート:クレー
試合結果:準優勝 ラファエル・ナダル(スペイン)に4-6、5-7で敗退。

大会3連覇達成は惜しくも叶いませんでした。

マドリードオープン

5月1日~5月8日 ムチュア・マドリードオープン
開催地:スペイン・マドリード
グレード:ATP1000(マスターズ)
コート:クレー
試合結果:ベスト4 ノバク・ジョコビッチに3-6、6-7 (4-7)のストレートで敗退。

3年連続のベスト4に進出しました。

BNL国際イタリア選手権

5月8日~5月15日 BNL国際イタリア選手権
開催地:イタリア・ローマ
グレード:ATP1000(マスターズ)
コート:クレー
試合結果:ベスト4 ノバク・ジョコビッチに6-2、4-6、6-7で敗退。

この大会で自身初のベスト4進出を果たしました。

直近の3大会では、バルセロナ・オープンで準優勝、マドリード・オープンでベスト4、BNLイタリア国際でベスト4と好成績を残しています。

最近の錦織は安定したテニスが出来ており、取りこぼしがなく勝利できています。

あとは、ビッグ4を倒すのみですね!

スポンサードリンク


人気記事はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする