錦織圭 速報 BNLイタリア国際2016 準々決勝 試合結果

スポンサードリンク

ローマで開催されているBNLイタリア国際2016。

第6シードで出場中の錦織圭は、準々決勝で第13シードのドミニク・ティエム(オーストリア)と激突しました。

今回は、その準々決勝の結果を速報でお届けします!

錦織圭 速報 BNLイタリア国際2016 準々決勝 試合結果

錦織がベスト4をかけて戦う相手は世界ランキング15位で22歳のドミニク・ティエム(オーストリア)でした。

錦織圭 BNLイタリア国際2016

試合結果は、6-3 7-5で錦織がストレート勝利しました。

これで錦織は大会初のベスト4に進出しました。

錦織圭 BNLイタリア国際
錦織とティエムは過去に1回対戦したことがあります。

2015年6月のゲリー・ウェバー・オープン(ATP500/グラスコート)の1回戦で対戦しました。

その時は、錦織が7-6(4) 7-5で勝利していました。

クレーコートでは、初の対戦でした。

ティエムは、今季クレーで2度の優勝を経験しています。

ティエムは3回戦で世界ランキング2位のロジャー・フェデラーをストレートで破り、調子を上げています。

錦織圭 速報 BNLイタリア国際2016 準々決勝 試合内容

錦織は第1セットの第1ゲームをラブゲームでキープし、主導権を握ります。

しかし、第3ゲームに明らかにサイドラインを割ったボールをインと判定されてしまいます。

その第3セットは、ティエムにジュースに持ち込まれてその後、ブレークを奪われます。

しかしさすがは錦織、第6ゲームでブレークバックをしてタイに戻すと、第8ゲームでもブレークを奪います。

5-3で迎えた第9ゲームは、この日初めてのサービスエースを決めて第1セットを6-3で奪いました。

錦織圭 BNLイタリア国際2016
第2セットはお互いにキープ合戦が続きます。

錦織は第6ゲーム前にメディカルタイムアウトを取るり、ファンを心配させます。

しかし、5-5で迎えた第11ゲームをラブゲームでブレーク!!

これで完全に主導権を握った錦織は、続く第12ゲームをキープして試合を決めました。

試合時間は1時間39分でした。

錦織は、ティエム戦を2戦2勝としました。

スポンサードリンク

錦織圭 試合後のコメント

「出だしから難しい試合だった。彼のボールが重くて自分のやりたいことができなかった。」

「相手のミスを誘うという点ではいいプレーができた。タイプが違う選手との対戦が続く中で自分らしいプレーも織り交ぜられている。」

ジョコビッチとの準決勝について
「しっかりリカバリーして、どれだけ体調を戻せるかがカギ。回復して頑張りたい。」

錦織圭 BNLイタリア国際2016 準決勝の相手は?

錦織の準決勝の相手は世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチです。

錦織圭 BNLイタリア国際

またジョコか!と思ってしまいますね。

ジョコビッチとは、前大会であるマドリードオープンの準決勝でも激突しており、2大会連続の対戦になります。

今年に入ってからは4回目の対戦になります。

前回の対戦では3-6、6-7で敗れるも手ごたえを残しての敗戦でした。

錦織圭 BNLイタリア国際2016
ジョコビッチは、準々決勝で第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)を7-5 7-6(4)のストレートで破って勝ち上がっています。

ジョコビッチとは今回が11度目の対戦で、2勝8敗です。

2014年の全米オープン準決勝の勝利を最後に7連敗しています。

錦織圭 BNLイタリア国際

錦織とジョコビッチとの実力差はありますが、その差は縮まってきていることも確かです。

この対戦は錦織が是非とも勝利をあげてほしい!!

体調が心配ですが、ジョコビッチとの連敗をここで止めてほしいです。

マスターズのマイアミ、マドリードの借りを返しましょう!!

ジョコビッチとの準決勝は、日本時間15日の3時(現地14日の20時)以降に始まる予定です。

スポンサードリンク

人気記事はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする