錦織圭とユニクロとの契約金は以外?金額を調査した!

錦織圭はユニクロ(UNIQLO)とスポンサー契約をしています。

世界で活躍するの錦織圭の広告宣伝効果は計り知れないと予想されます。

ユニクロとの契約金もかなり高いと思われます。

その契約金はいくらなのか?とても気になったので調査してみました。

スポンサードリンク

錦織圭とユニクロとの契約金は以外にも低い?

錦織圭 ユニクロとの契約金

画像引用元:https://www.uniqlo.com/tennis/jp/

錦織圭とユニクロは2011年に5年契約をして、2016年に契約更新をしています。

ユニクロとの契約金は公開されていないので、詳細は不明です。

不明ではありますが、契約金は年間12億円との予想が出ています。

年間12億円ですか~。やはり一流の選手は違いますね!

錦織圭の影響力を考えるとそのくらいの金額は打倒ですよね。世界での活躍やテニスという競技を考えるとむしろ少ないと思っちゃうくらいです。

錦織圭とユニクロの最初の契約は5億円程度?

錦織圭 ユニクロとの契約金

画像引用元:http://www.afpbb.com/articles/-/2783537?pid=6732505

錦織圭とユニクロがスポンサー契約を交わしたのが2011年1月1日。

当時の人気スポーツ選手といえば、プロゴルファーの石川遼選手でした。実力も好感度も抜群の石川遼は、スポンサー契約だけで20社以上!

CM契約が10社以上とまさにスーパースターでした。確かに当時はCMに多く出演していた記憶があります。

ユニクロもそんな石川遼に注目していました。

しかし、石川に接触するも契約を断念したそうなんです。その理由が、石川サイドが提示した契約金が高すぎたそうなんです。

その金額は、1年間で7億でした。

それが高いと判断したユニクロは錦織圭と契約をしたとされています。

ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長はこのように当時を振り返りました。

「石川遼君も考えたけど、(スポンサー契約料金が)高かったんですよ。桁が違っていたかなぁ」

石川遼サイドの提示が7億円で断念。それ考えると、錦織圭とユニクロの最初の契約金は約5億円前後なのでは?と推測します。

2010年末の錦織圭の世界ランキングは98位。怪我から復帰して調子を上げていたものの、世界トッププレイヤーとまでは言えない位置にいました。

詳細な契約金は不明ですが、今となってはかなりのお買い得だったことがわかりますね!

結果論ですがユニクロの選択は間違ってなかったと言えますね。

錦織圭の活躍でユニクロと契約更新!

錦織圭 ユニクロとの契約金

錦織圭とユニクロは2016年に契約更新をしました。

その契約金は年間12億円と言われています。大幅アップですね!錦織圭の活躍から考えると当然でしょう。契約更新で契約金が大幅にアップしたことは間違いないでしょうね。

この5年間で世界のトッププレイヤーとなった錦織圭は評価を一気に上げました。2014年の全米オープンではノバク・ジョコビッチを破って決勝に進出して大フィーバーを起こしました。

当時、ショコビッチもユニクロと契約しており、両者の対戦になると「ユニクロ対決」と言われていました。

錦織圭 ユニクロとの契約金

全米オープン後には活躍を称えられ、ファーストリテイリングから報奨金として1億円が贈られました。

現在、ジョコビッチはユニクロとの契約が終了し、ラコステと契約しています。

スポンサードリンク

ユニクロとフェデラーとの契約金が凄い!

錦織圭 ユニクロとの契約金

画像引用元:https://www.uniqlo.com/tennis/jp/

ユニクロは2018年7月にテニス界のレジェンドであるロジャー・フェデラーとスポンサー契約を結んだことを発表しました。

その契約金は10年3億ドル(約330億円)と報道されました。金額が本当に凄い!1年でも33億円ですからね。それだけ支払う選手なんですね。

ユニクロは次々と大物プレイヤーと契約して凄いですよね!

フェデラーは1994年から24年間ナイキとスポンサー契約を結んでいました。2018年3月にナイキとの契約が終了していました。

そこでユニクロは莫大な契約金でこの超大物選手との契約に成功しました。

フェデラーは怪我から復帰して、世界ランキング1位に返り咲くなど、まだまだ活躍できることを証明しました。

年齢を感じさせないプレーが印象的ですね。

今度は錦織圭vsロジャー・フェデラーの「ユニクロ対決」が楽しみですね♪

錦織圭がユニクロにもたらす宣伝効果は数百億円!

錦織圭 ユニクロとの契約金

錦織圭がユニクロにもたらす経済効果はどのくらいあるのでしょうか?

ある経済学者によると、錦織圭によるユニクロの宣伝効果は数百億あるとコメントしています。

錦織圭は世界トップクラスの実力を誇り、グランドスラムやマスターズでも決勝に進出しています。

そのたびに、ユニクロの服を着る錦織圭がテレビに映り、雑誌に載る訳ですからその宣伝効果は計り知れないですよね。

錦織圭が活躍するとユニクロの株価が上がるなど、錦織効果は目に見てもわかる影響力を持っています。

全体の経済波及効果は800億円以上とも言われています。その経済効果はイチローや本田圭佑をも上回ります。それだけ今の錦織がもたらす影響力は絶大だということです。

今後もしばらくは、第一線で活躍できると思われます。今後の活躍に期待しましょう!

錦織は、ユニクロの他にもスポンサー契約多数!

錦織圭 ユニクロの契約金

錦織圭はユニクロの他にも多くの企業とスポンサー契約をしています。

ユニクロ(ウェア)
日清食品(所属契約)
LIXIL(建築建材設備)
ウイルソン(ラケット)
ナイキ(シューズ)
ウイダーinゼリー(トレーニング・栄養)
タグ・ホイヤー(時計)
ジャックス(クレジットカード)
日本航空(航空)
ジャガー(自動車)
エアウィーヴ(寝具)
P&G(家庭用品)
WOWOW(衛星放送局)
IMG(テニス留学)

このスポンサーの数で錦織圭の凄さがわかりますよね。これら全ての企業に大きな経済効果を与えています。

スポンサー契約料、CM出演料、大会獲得賞金。錦織の年収はすごいことになってるでしょうね!

まとめ

今回は、錦織圭とユニクロの契約金や経済効果について見てきました。

錦織圭が経済に与える影響がかなり凄いことがわかりました。ユニクロは錦織圭モデルとして様々なウエアを販売しており、大人気のようです。

マスターズ、グランドスラムで優勝したら、さらに話題になるでしょう。

錦織圭の今後の活躍に期待しましょう!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


人気記事はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする